このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

区内最大のまつり「第30回江戸川区民まつり」開催【10月7日】

更新日:2010年8月13日

総勢3,100人都内最大級の大パレード・2万人のボランティアみんなが心を一つに

 雲ひとつ無い秋空の下、都立篠崎公園で区内最大のまつり「第30回江戸川区民まつり」が10月7日開催され、55万人もの人出で賑わいました。

 江戸川区民まつりは今年で30回目の節目を迎え、周年記念としてまつりの歴史を振り返る「区民まつり30年展(9月18日から10月5日)」をプレイベントとして開催。昭和53年10月の第1回からこれまでの歴史やポスター、写真、区民まつりに参加した方々から寄せられたエピソードなどを展示してきました。記念グッズの復刻版第30回記念手ぬぐいは、展示期間中から好評だった折りたたむと法被(はっぴ)の形になる手ぬぐいで、区地域振興課江戸川区役所3階)において、500円で購入することができます。(10月31日まで)
 まつり会場となる篠崎公園は約28万平方メートルもの広大な敷地。7つのテーマに分けられた会場では、区友好都市の安曇野市や鶴岡市などが出展する物産展「フレンド広場」や17団体4,083人が踊りを披露する「ハートフル広場」、朝取りの農産物の直売や小動物と触れ合える「ふぁ〜夢パーク」など楽しい催し物が行われました。

 同まつりのハイライトでもある区立小中学校など31団体総勢3,100人が参加する都内最大級のパレードは、30回を記念して篠崎ポニーランドから1トンを越える馬が区民まつりのキャラクター「はっぴぃちゃん」を馬車に乗せパレードを先導。さらに区内の幼稚園や小学校のバトンや鼓笛隊などが会場内を行進しました。また、毎年商店連合会などが手間と愛情を込めて製作する「花自動車」は人気キャラクターなど11台がパレードに参加。記念にと多くの親子がカメラに納めていました。
 式典で多田正見江戸川区長は、「昭和53年に始まったこの区民まつりも今年で30回目の節目となりました。これも伝統と風土に裏づけられた地域力の賜物です。みなさん今日一日有意義に楽しんでください。」と挨拶しました。

 そのほか中高生が主体となって運営する広場「フレッシュ広場」では、区内10校の高校生523人がダンスやチアリーディングをする「おもしろハイスクール村」では息がピッタリあった演技を披露していました。また、中高生を支援する共育プラザによる「飛び出せ!共育プラザ」のバンド演奏や小中学生ボランティアが無料で肩のマッサージをする「肩こりなくし隊」には多くの人が集まっていました。
 当日まつりに訪れた人たちは、終日様々なステージやコーナーで思い思いに楽しんでいました。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る