このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

見えた!『ダイヤモンド富士』【2月9日】

更新日:2010年8月13日

天と地が織り成す自然のアート

 富士山頂に太陽が沈む際に宝石のような輝きが見られる「ダイヤモンド富士」と呼ばれる現象が2月9日、タワーホール船堀の展望塔から観測されました。

 この現象が同じ場所で見られるチャンスは年に2回。冬至から夏至の間と、夏至から冬至の間のそれぞれのシーズンに、太陽と富士を結ぶライン上で観測できるといわれています。また、富士山より西側の山梨県などでは、朝日が昇るダイヤモンド富士が見られます。
 空気の澄んだ冬の時期が、観測の好機とされていますが、毎年見られる現象ではなく、時間と場所、天候の条件が大きなカギを握っています。(同展望塔からは一昨年から2年連続で、天候不順のために観測できませんでした)
 日没間近となった午後5時頃、都内随一の富士山展望スポットとして知られる、高さ115メートルの展望塔には、幻想的な現象を一目見ようと、アマチュアカメラマンなど約20人が詰め掛けました。

 固唾を飲んで見守るなか、太陽が山頂付近に沈み始めると、オレンジ色の夕日に照らされた富士山のシルエットが浮かび、来場者から「すごい」「美しい」などの歓声が上がっていました。
 やや位置は異なりますが、2月10日にも観測できる可能性もあるため、写真ではなく、肉眼で見てみたいという方は、どうぞ展望塔へお越しください。
 また、区内で見られるチャンスはこれで終わったわけではなく、14日の午後5時10分前後には、葛西臨海公園の大観覧車(地上高117メートル、所要時間約17分)から観測できるとされています。
(2006年2月10日 掲載)

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る