このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

葛西海浜公園・東なぎさなどで「水辺環境調査」実施!!【9月22日】

更新日:2010年8月13日

絶滅危惧種クロツラヘラサギ・トビハゼ確認!

 生物や水質、泥の調査を行うため、江戸川区とえどがわエコセンター合同で「水辺環境調査」が行われ、江戸川河口、荒川河口、葛西海浜公園・東なぎさ(臨海町6丁目地先)などで調査。野鳥30種2,932羽、魚類10種、水生生物23種を確認しました。

 中でも、絶滅危惧種の “クロツラヘラサギ”1羽(一番下の写真の右から二番目)、同じく絶滅危惧種の “トビハゼ”約50個体も確認できました。
 クロツラヘラサギは、朝鮮半島で繁殖していることが知られ、世界でも生息数が少ないといわれています。江戸川区では、数年前に鳥類園の中で確認(別の個体)して以来のこと。22日の調査では、東なぎさの干潟でダイサギなどと一緒にエサを食べる様子が見られました。

 トビハゼは、環境省のレッドデータブックに“絶滅のおそれのある生物”として記載。約10年前に東なぎさに復活。今日の調査では、体長7から8センチのトビハゼがピョンピョン飛ぶ様子や、穴の中からかわいい顔を出している姿を確認できました。
 エコセンター高木嘉雄事務局長は、「東なぎさには、浅海域にすむ底生生物も豊富で、このことが多くの野鳥を呼び寄せる効果をもたらしています。汽水域では底生生物と魚類、鳥類が生態系のリングをバランスよく形作っていなければ健康とは言えません。そういう点で“生態系の復元”が徐々にではあれ達成されつつあると言えます。」と話していました。

(2005年9月26日 掲載)

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る