このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

恋にまつわる俳句やポエムなどを全国から大募集【7月7日】

更新日:2017年8月18日

恋話(こいわ)(=小岩(こいわ))がコンセプト

 小岩フラワーロード商店街が7月7日から、恋にまつわる俳句やポエムなどの作品を全国から募集しています。
 これは同商店街(会長:吉田義昭)と千葉商科大学(千葉県市川市)、江戸川区が連携し、区内商店街の活性化を図る「えどがわ商店街産学公プロジェクト」(昨年6月発足)の一環。

 同商店街はJR小岩駅南口に位置し、200を超える店舗が立ち並ぶ区内最大の商店街。愛称「フラワーロード」のとおり、歩道沿いの花壇が四季折々の草花で彩られています。
 今年3月、同大学生が発表した中で、地名の「小岩」を「恋話」と読み替え、「恋の話題に満ち溢れた夢や希望と賑わいのある街」にしようという提案をもとに、計画が立ち上がりました。区では、学生の提案をモデル商店街支援事業として補助します。
 「これまでの人生で体験した恋」や「これからこんな恋をしたい」などといった、恋にまつわる俳句と川柳、ポエム(87文字以内・フラワーロードにちなんで「はな文字以内」)、同商店街のイメージソングとなる作詞の4部門を募集。採用された作品は、商店街のモニュメントや各種イベントなどで公開するほか、包装紙などに活用し、買い物客や街に集う人々にPRします。
 さらに計画では、同商店街内の「稲荷神社」を恋祈願の神社に見立て、恋のおみくじや絵馬への願い事ができるようにしていきます。吉田義昭会長は「恋話をチャンスに商店街の活性化を図り、花と恋をテーマにした商店街づくりを進めていきたい」と意気込んでいました。
 応募方法はメールや郵送、FAXのほか、商店街内に設置されたポスト「ラブちゃんBOX」(マスコットキャラクター:犬のラブ(・・)ラドール)に投函。募集期間は7月31日まで、来月下旬には入賞作品を発表する予定。問合せは区産業振興課商工勤労係(電話:03-5662-0523)へ。
(平成17年7月8日 掲載)

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る