このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

中学生が学校を離れて職場体験!「チャレンジ・ザ・ドリーム」23日から!【5月23日】

更新日:2010年8月13日

竹花副知事が現場を視察!

 都内の公立中学校2年生を対象に、地域の商店や企業、公的施設などの職場で就業を体験させ、社会性や勤労観、職業観を身につけさせようと、今年度から始まった「東京都中学生職場体験事業」。全校実施する江戸川区、杉並区、町田市のうち、江戸川区では「チャレンジ・ザ・ドリーム」と名づけ、都内の先陣を切って5月23日からスタート。初日の午後には、竹花豊副知事が事業所4か所を訪問しました。

 小松川第一中学校2年生104名が訪れたのは、商店、工場、郵便局、区役所、保育園、美容室、園芸農家など62か所。生徒の希望で1か所あたり1人から5人が、23日から5日間(月曜日休みの事業所などは24日から4日間)様々な仕事を体験しています。
 訪問先の一つ、ガソリンスタンドでは、“職場体験 チャレンジ・ザ・ドリーム”と書かれたオレンジ色の腕章と、ユニフォームのポロシャツを身につけた男子生徒2名が、「いらっしゃいませー!」と元気よくお客様を出迎えていました。
 二人は、車の窓拭き、洗車の拭き上げ、タオル洗いなどに一生懸命。「特に挨拶は大きな声で元気よく!」と社員の方の指導があり、お客様の見送りも「ありがとうございましたー!」と大きな声が出ていました。
 男子生徒たちは、「初めての仕事は楽しいです。お客さんの考えていることを読み取るのが難しい。」と話していました。

 朝顔の出荷に向けて準備に忙しい鹿骨の農園では、麦藁帽子に軍手をした女子生徒がビニールハウスの中で朝顔の苗木植え、支柱立て、花の手入れなどの作業をしていました。
 花が大好きで訪問先に選んだという女子生徒は、農家の方に「花が好きってだけあって、なかなか筋がいいよ。」と褒められていました。 「ビニールハウスの中での仕事で、暑いのは大変だけどとても楽しいです。朝顔やベゴニアが何百鉢もずらーっと並んでいて、今朝来たときはびっくりしました。」と話していました。
 23日午後、竹花副知事が区内4か所の事業所を訪問しました。視察を終えて副知事は、「職場体験をとおして、働いている人がどんな思いで働いているか、ひとつの職業が多くの人や物のつながりで成り立っていることを知って欲しい。」と話していました。
(平成17年5月24日 掲載)

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る