このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

瑞江駅前商店会が「迷惑駐輪防止キャンペーン」実施!【3月25日】

更新日:2010年8月13日

 瑞江駅周辺の放置自転車防止キャンペーンは、これまでも地域住民が一体となって行ってきましたが、今回、“誰でも安心して駅前に来てもらえるようにしたい!”と、瑞江駅前商店会が中心となって初めて「迷惑駐輪防止キャンペーン」を実施しました。同商店会で組織する瑞江駅前活性化委員会、小松川警察、区職員など55名が、“ストップ!!迷惑駐輪”と書かれた緑色の啓発ベストを身にまとい、午前9時から瑞江駅北口周辺で、一時置場への利用誘導や放置防止呼びかけ、放置自転車撤去を行いました。

 瑞江駅前商店会(66店舗/会長:杉本英臣)は、平成13年から勉強会を実施し、駅前のきれいな使い方などを検討してきました。昨年3月には瑞江駅前活性化委員会を立ち上げ、駐輪部会(駐輪対策)、ハード部会(防犯、クリーンキャンペーンなど)、イベント部会の三部会を設置。パトロール隊のパトロールの実施(毎週土曜日)、月1回駅周辺のごみ拾い、イベントの実施など活動してきました。
 今日のキャンペーンも委員会の活動の一環。目に見える行動をおこそうと、警察、区に働きかけ実施となりました。
 瑞江駅周辺は、昭和61年の都営地下鉄新宿線開通から急激に発展しました。商店や住宅も増え、駅周辺利用者の増加に伴い、放置自転車は637台(平成15年10月29日調査)と区内11駅中4番目に多い地域です。
 区では放置自転車対策として、瑞江駅南口広場に地下2層、4,000台収容の地下駐輪場を建設中(平成17年度完成)。ほぼ毎日、啓発活動や放置自転車撤去活動に取り組んでいます。

 午前9時、瑞江駅北口広場に集合した参加者は、“ストップ!!迷惑駐輪”と書かれた緑色の啓発ベストを着用し、一時置場案内チラシ、啓発ティッシュを配りながら、「自転車を放置しないでください。」と呼びかけました。
 「いつもいっぱいあるのに、今日は置いちゃいけないの?」、「いいえ、今日だけではなく、いつも置いちゃいけないんです。」など区民とのやりとりも見られました。
 杉本会長は、「この辺はだいぶ変わりました。まちが発展すると、放置自転車や犯罪などの問題が出てきます。自転車放置防止キャンペーンや防犯パトロールを続けていくことで、誰もが安心して利用できる駅前にしていきたいですね。」と話していました。
(2004年3月26日 掲載)

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る