このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

甘い香りの"ラベンダーの丘"(なぎさ公園)【6月16日】

更新日:2012年7月4日

 区総合レクリエーション公園内のなぎさ公園(南葛西7丁目3番/平成5年4月開園)では、3種・約7千株のラベンダーが見頃を迎えています。
 

 ラベンダーは、公園内にある“展望の丘”を上るパノラマシャトルのコース脇に群生。ラベンダーの香りに包まれながら、高さ14メートルの“展望の丘”から見下ろす旧江戸川とラベンダーの眺望は爽快。
 ラベンダーは梅雨などの高温多湿の気候が苦手のため、湿度の高い東京では、生育が難しいとされています。そのため、雨の時期に花が蒸れないよう、植え付ける場所の間隔を広く開け、風通しを良くするなどの世話が必要で、非常に手間がかかります。
 なぎさ公園では、区内の公園を管理する財団法人区環境促進事業団が平成12年3月からハーブ園整備に着手。苗の状態から育て、2年間でアップルミント、バジルなどが咲き誇る2,500平方メートルのハーブ園を完成させました。
 現在咲いているのは、ラベンダー、コモンマロウ、ベルガモット、カモマイル、セージ類、タイム類など。注目は700平方メートルに渡って地面を紫色に染めている、約7,200株のラベンダー。都内では最大級の規模を誇ります。

 種類は、「マンステッド」(大きな花が特徴/背丈約30センチメートルから40センチメートル)、「ラバンディン」(強い芳香が特徴/花穂が槍のように尖がっている/料理に使われる/背丈約50センチメートルから60センチメートル)、「ヒッドコート」(濃紫色が鮮やか/小柄の花/背丈約30センチメートルから40センチメートル)の3種類。パノラマシャトル(なぎさ公園からフラワーガーデン/行程約1.3キロメートルを15分)が通る公園内の“展望の丘”のコース脇に群生しています。ラベンダーの見ごろは、今月末まで。

参考:「パノラマシャトル

  • 運転時間:午前10時から午後4時
  • 料金:大人(中学生以上65歳未満)200円、子ども(小学生)100円 注釈:幼児・65歳以上は無料
  • 運休日:年末年始

(2003年6月17日 掲載)


2011年9月1日より、財団法人江戸川区環境促進事業団は「公益法人えどがわ環境財団」に変わりました。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る