このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

夏の夜空を彩る"花火玉"ワンコインボックス(募金箱)【5月19日】

更新日:2012年5月2日

エキサイティング花火 2003

 夏の夜空を彩る「江戸川区花火大会」(江戸川区・江戸川区花火大会実行委員会主催)が、今年は8月2日(土曜日)に開催されます。

 28回目となる今回は「打ち上げに参加する喜びを味わってもらい、区民とともに盛り上がろう!」と、「『協働』ワンコインボックス」(募金箱)を、区民館、スポーツ施設コミュニティ施設など45か所に設置し、募金を呼びかけています。
 募金箱は実際の花火玉(6号玉/直径18センチメートル)に“エキサイティング花火”と書かれており、ポスターとともに、各施設の受付カウンターなどに置かれています。集まった募金で打ち上げられるのは、テーマ花火「永遠の幻想 降り注ぐ黄金たち 」。募金した区民の心意気が、夏の夜空に輝きます。

 花火の打ち上げ総数は、一会場としては都内最多の14,000発。四季を4色の花火で表現したり、300メートルのナイアガラに新緑の富士が浮かぶ “雲海に浮かぶ新緑の富士”のほか、花火製作会社(6社)が技術の粋を尽くした“燃える!花火師魂”を今回初めて披露します。和火(日本古来の花火で硝石・硫黄・木炭などを原料とした黒色火薬を使用。落ち着いた色合い)と菊花火を中心に花火本来の美しさを味わってもらう演出など、趣の違う8つのテーマで構成され、光と音のコラボレーションで百花繚乱の花火が、今年の夏の夜空を彩ります。
 江戸川区花火大会は、遠隔操作による電気着火方式でのきめの細かい演出や、広々とした河川敷に座りながらゆったりと観賞できることで大変人気があり、昨年は対岸の千葉県市川市側と合わせて約139万人もの人出がありました。
(2003年5月22日 掲載)

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る