このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

江戸川区からアルペンの女王誕生!青森アジア冬季大会・大回転金メダルリストが優勝報告!!【2月9日

更新日:2010年8月13日

 2月5日に行われた青森アジア冬季大会のアルペンスキー女子大回転で見事に優勝した梅原玲奈さん(19歳)は江戸川区本一色に在住です。その梅原さんが、2月10日、午前9時30分、多田正見江戸川区長を訪ね、冬季アジア大会の優勝報告をしました。

 黒のスーツで現れた梅原さんは、一見するとアルペン選手とは思えない華奢な体つきで、髪も少し茶に染めた今風のスタイル。明るい笑顔でハキハキと話す爽やかな女性です。
 優勝報告を受けた多田区長は、梅原さんのメダルを手にとって「立派なメダルですね。高校チャンピオンの時もメダルはもらいましたか」と尋ねると、梅原さんは「そのメダルの中心のところは津軽焼という焼物なんです。高校選手権の時もたしかメダルはありましたが、こんなに立派じゃありません。重みも全然違うし・・・」と話し、多田区長の笑いをさそいました。「次の目標はオリンピックですね」と多田区長に投げかけられると、「はい、トリノ(五輪)に出られるように頑張ります」と快活に応え、最後にガッチリと握手。多田区長から贈られた花束を手に、区長室を後にしました。

 この後、区民ニュースの取材を受けた梅原さん。実は大回転前日の回転でも優勝するつもりだったそうで、「負けて悔しくて、泣きながらお母さんに電話しました。だから、優勝したときも真っ先にお母さんに『勝ったよ』って電話したら、お母さんが泣きながら『良かった』と言ってくれました」とのこと。スポーツ各紙にあるとおり、『筋力アップ』を課題に上げながら、「まだワールドカップに出られる選手ではありません。まずは3月2日の全日本選手権から」と冷静に自己分析。しかし、「今回はオリンピックに次ぐ大きな大会で、ここで勝ったことは自分にとってとても大きい」と、3年後のトリノ・オリンピックに向けて、大きな手応えをつかんだ様子でした。
 なお、梅原さんは、平成13年3月の全国高等学校選抜スキー大会で優勝し、平成13年度江戸川区スポーツ栄誉賞を受賞しています。
(2003年2月13日 掲載)

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る