このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

「メトロセブン・エイトライナー合同促進大会」開催(3日)

更新日:2010年8月13日

 9月3日、環状7号線、8号線沿線に環状鉄道の導入を目指す「メトロセブン・エイトライナー合同促進大会」が日本青年館大ホール(新宿区)で開催されました。

 足立・葛飾・江戸川の3区は、JR総武線や京成線などの都心から放射状に延びる鉄道路線が整備されています。しかし、これら3区を結ぶ環状(南北)方向の鉄道網がなく、交通利便性や均衡ある地域の発展に課題があります。
 そこで、交通網の問題解決のため、平成6年11月、3区の議会と行政が一体となり『環七高速鉄道(メトロセブン)促進協議会』を発足しました。
 さらに平成9年4月、環状8号線に関し同様の活動を展開していた『エイトライナー促進協議会』と連携し、羽田空港から葛西臨海公園までの地下73キロメートルを結ぶ「区部周辺部環状公共交通」の実現に向けて、関係各区が協調していくことになりました。

 平成12年8月、運輸政策審議会答申第19号では、「メトロセブン・エイトライナー構想」に対し、新たな手法として鉄道の建設と経営を別にする“上下分離方式”を提言しています。また、同月に、関係9区と都で構成する「都区連絡会」を発足し、課題解決に向けて、調査研究などについて取り組みを始めました。
 昨年、両協議会で事業評価や実現化方策に関わる基礎調査を実施しています。現在、この調査結果を踏まえ、「都区連絡会」は羽田空港へのアクセス方法や優先着工区間の決定に関する調査検討を進めています。
 「メトロセブン・エイトライナー合同促進大会」当日には、関係9区から約1,000名が参加し、「構想の早期実現に向け、あらゆる力を結集し最善を尽くすことを誓う」という決議を拍手をもって採択しました。

 また、メトロセブン促進協議会を代表して、多田正見区長が「本構想の実現は都市再生に大きな効果をもたらすと確信していますが、昨今の厳しい経済環境下では様々な課題が存在しています。今後とも、東京都を始め、国、地方など各関係機関との協働のもと、長期的視野に立ち精力的に取り組んでいきたい」と挨拶しました。
(2002年9月5日 掲載)

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る