このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

「葛西親水四季の道」で鯉の放流!!(23日)

更新日:2010年8月13日

 6月23日、「葛西親水四季の道」(新長島川親水公園を含む)で、葛西「四季の道」・水と緑に親しむ会(山岡新太郎会長/新田町会顧問)による『第12回鯉の放流式』が行われました。

 葛西の町を東西に横断する「葛西親水四季の道」(延長2,100メートル)は、平成元年に完成して以来、四季折々の花が彩り、周辺住民から愛される、憩いの場となっています。葛西「四季の道」・水と緑に親しむ会は、幅広い世代から親しまれている「四季の道」や「新長島川」をいつまでも自然の残る美しい緑道として守っていくことを目的として、平成3年9月に発足。周辺の6町会・自治会、4校PTA、2くすのきクラブの12団体で構成されています。
 『鯉の放流式』は、会の発足当時から始まり、今年で12回目を迎えました。今回、放流されたのは、鯉15キログラムとザリガニ500匹。放流式に先立って、6町会・自治会、4校PTAなど12団体・579名(小学生・中学生302名、大人277名)が、朝早くから清掃活動を行いました。

 式典で、山岡会長は「今朝、以前に放流した鯉が60センチメートルほどに成長した姿を見て、うれしく思いました。ますます、『葛西親水四季の道』が皆さんから愛される緑道になることを願います」とあいさつ。多田正見江戸川区長は「『葛西親水四季の道』は、子どもから大人まで幅広い世代から愛され、多くの方々のご尽力により支えられています。これからも、『四季の道』を通じて、水と緑、生き物を大切にする“豊かな心”を育んでほしいと思います。」とあいさつしました。
 多田区長から山岡会長へ、式典にふさわしく、体長約15センチメートル、赤と白の“鯉の稚魚”を贈呈。代表して、多田区長、西野博葛西地区自治連会長、各学校長らが、鯉の放流を行いました。子どもたちから「鯉さん!早く大きくなってね。」「ちゃんと棲めるように、きれいに掃除したよ。」とあちこちで声が聞かれました。
(2002年6月24日 掲載)

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る