このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

風鈴づくり最盛期!!サッカーボール風鈴大人気(11日)

更新日:2010年8月13日

 夏に涼を呼ぶ風鈴の音。都内で唯一、江戸風鈴を手作りしている「篠原風鈴本舗」が、ワールドカップを盛り上げようと作ったサッカーボール風鈴が人気を呼んでいます。

 日本代表チームが強豪ロシアに勝ち、サッカー人気がますます熱を帯びています。ワールドカップを盛り上げようとサッカーボール風鈴を作っているのが、都内で唯一、江戸風鈴を手作りしている「篠原風鈴本舗」(江戸川区南篠崎町4丁目)。
 考案したのは、区の無形文化財となっている篠原義治さん(77歳)。日本の風物詩である風鈴の涼しげな音を世界中に紹介したいと、ワールドカップ開幕前の5月から作り始めました。
 これまで仕上げたのは約1,000個。サッカーボール風鈴は、ガラスを膨らませて普通の風鈴より球体に近い形に整えます。風鈴の内側から絵付けをするため、バランス良く黒色で五角形を描くのが難しいとのことです。
 篠原さんの家では、妻のキクさん(74歳)と長男夫婦、孫娘3人と共に、朝9時から夜中の12時ごろまでフル回転で作成中です。
 長男の裕さん(52歳)は「先日、日本がロシアに勝ったでしょう。サッカー風鈴のご利益が少しはあったんじゃないかと思うとうれしかったですよ。日本チームが大活躍し、あわせてサッカー風鈴も大ヒットとなれば一番いいですよね」と、忙しい中にも笑顔で話してくれます。
 江戸時代に長崎から伝わったとされるガラス風鈴の技法は、時代の流れの中で様々な工夫が加えられ、今も江戸川区篠崎の地に脈打っています。
(2002年6月11日 掲載)

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る