このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

第1回 小・中学生のためのふれあいボート教室(6日)

更新日:2010年8月13日

第1土曜日はレガッタの日

 この4月から学校の完全週5日制がスタートし、最初の土曜日となった4月6日。旧中川の自然に触れ、小学生・中学生や親子にボート(レガッタ)を親しんでもらおうと「第1回 小・中学生のためのふれあいボート教室」が、旧中川で行われました。この教室は、第1土曜日を「レガッタの日」として、4月から10月までの毎月第1土曜日、計7回行われます。

 この日は、「ナックルフォア」(漕手4人、舵手1人)という種目が行われました。「ナックル」というのは舟底の形状が“げんこつ”の形をしていることからそう呼ばれています。そのため、安定感があり、初心者には最適のボートです。講習は、まず河川敷で練習器に乗ってボートの漕ぎ方から教わります。社団法人東京都ボート協会副会長の犬木康之さん(70歳)によると「最初は力まないで、みんなに合わせてゆっくり漕ぐことが大切。ロウ(オールで漕ぐ)の動作はすばやく、キャッチ(オールで水をとらえる)はゆっくりと動作するのがコツです。」と話していました。つぎに、川での実技指導にうつり、漕手4人、舵手1人で実際に漕ぎだしました。

 江戸川区ボート協会事務局長の鈴木慶子さんは「今年度から完全週5日制が始まり、学校や地域が主体となってボランティアやスポーツなどに取り組んでいかなくてはならないと感じました。江戸川区ボート協会は23区内で初めてのボート協会です。私自身2年前にボートを始めたので、ボートの楽しさをより多くの人に体験していただきたいと思います。ボートはきちんとルールを守れば、子どもからお年寄りまで楽しめる安全なスポーツです。また、旧中川は流れもおだやかなので、初心者には最適なコース。今度、船着場が整備される予定なので、より使いやすくなるでしょう」と熱心に語っていました。

申込み・問い合わせ

江戸川区ボート協会事務局
江戸川区小松川1丁目7番1号908号室
電話およびFAX:03-3681-4808

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る