このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

1歳児でも"みかん狩り"「園児が民家の招きでみかんの収穫」(5日)

更新日:2010年8月11日

 区立松江保育園の全園児66名が、同園隣に住む中里重隆さん(72歳)、貞子さん(71歳)夫妻に招待され、中里さん宅の庭にある6本の有田みかんの木から、たわわに実ったみかんを収穫しました。

 みかんの木は地面すれすれまで実をつけているため、1歳児でも自分でもぎ取れます。小さい子から順番にみかん狩りをしましたが、よたよたと歩きながら実をもぎ取る1歳児の愛らしい姿に、貞子さんは「かわいいわね」と目を細め、重隆さんも「もっと取っていいぞ」と声をかけます。園児たちは一人2個から3個のみかんを収穫し、その場で1個をムシャムシャ。「あまーい」「おいしい」と大満足の様子で、中里さん夫妻にお礼の手作りプレゼントを渡し、笑顔で帰っていきました。
 中里重隆さんは14代続いた地元の農家。今日招待した区立松江保育園の敷地のほとんどが元は中里さんの土地で、開園当初から20年あまりは区がお借りしていて、昭和49年に中里さんから譲っていただいたものです。
 中里さんの庭のみかんは本場の和歌山県有田から20年ほど前に取り寄せたもので、近年はあまり実を付けていませんでしたが、「園児たちに土や樹木と親しむ機会を提供しよう」と、今年2月に樹木医に依頼して、みかんの木を剪定。その甲斐あって、この秋には6本の木全てにたわわにみかんが実りました。

 中里さん夫妻が「こんにちわ」と迎えると、園児たちは保母さんに促されて“ペコッ”とお辞儀。「さあ、どんどん取りなさい」と声をかけられ、トテトテと木に近づくと、小さな右手と左手で1つずつのみかんを鷲掴みし、“ぐりぐり”。月齢の遅い子が多いためか、どちらかというと無表情でみかんに挑みますが、そのあどけなさに貞子さんは思わず「小さい子はかわいいわね」とニッコリ。重隆さんも「ほらほら、もっと取っていいんだぞ」と声をかけますが、両手がふさがった子どもたちは既に満足そう。次のみかんを取るより早く、丸のままのみかんに“ガブリ”と噛みつく子もいました。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る