このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

英国ヘンドンスクールの学生が区立臨海小学校の児童と交流!(31日)

更新日:2010年8月11日

 イギリスから日本の高校との交流や日本語学習のために日本に来訪しているヘンドンスクール(11歳から16歳までの中等教育機関)の学生22名と引率の先生3名が今日の正午、江戸川区立臨海小学校学を訪問し、日本の学校給食に初挑戦したり、児童と交流し、日本の伝統的な遊びなどを体験しました。

 ヘンドンスクールの学生は、平成10月26日から11月6日まで(11泊12日)の日程で来日し、主に都立紅葉川高校で日本語の授業や書道・音楽・美術・体育(柔道・剣道)などの日本の文化を学ぶと共に都立紅葉川高校の学生との交流や江戸川区内の高校や小学校を訪問します。
 今回、来日したヘンドンスクールには、国際教育文化協会(NPO法人)が日本人教師を派遣しており、ヘンドンスクールから日本の高校との交流や日本語学習の目的とした訪問の受け入れ要望が国際教育文化協会にあり、江戸川区教育委員会が区内の高校に受け入れを打診、都立紅葉川高校(奥村美惠子校長/生徒数720名/臨海町2丁目1番1号/電話:03-3878-3021)が受諾し、都立葛西工業高校と区立臨海小学校が近接校として協力することになりました。
 その他、江戸川区にある江戸川ホームステイクラブ(竹縄妙子会長/会員数120名)の会員がホームステイの受け入れ先として学生と先生25名を受け入れています。(滞在期間 平成13年10月26日から11月6日まで)
 今日、午前9時、紅葉川高校を出発したヘンドンスクールの学生22名と引率の先生3名は、午前中、都立葛西工業高校の実習授業を見学(建築科、機械科、電子科)し、正午に紅葉川高校のすぐ隣にある臨海小学校(奥村信吾校長/江戸川区臨海町2丁目2番11号/児童数532名)に到着しました。
 臨海小学校では図書室を利用して、給食を食べる準備をしており、小学校長から説明があり、早速日本の学校給食に初挑戦。一列に並んで配食から経験しました。今日の給食の献立は、バターロール、野菜ス−プ、野菜サラダ、牛乳、ラザニアの5種類です。中にはベジタリアンの学生(5人)がいて、野菜ス−プやラザニアの中に肉が入っているか確認し、鳥肉の入った野菜ス−プや挽き肉が入ったラザニアを遠慮するケースも見受けられましたが、それ以外の学生は、ほとんど残さず、学生同士で話をしながら楽しく食べていました。
 給食の途中、児童が入口から覗きこんで「ハロー」と声を掛けると、明るく手を振って「ハロー」、「こんにちわ」など明るく応えたり、逆に学生から「Nice to meet you」と声を掛けると逃げ出す児童もいました。
 給食が終わると、プール、体育館、特別教室などの校舎を見学。家庭科室で校長先生から児童が作ったエプロンやバックを見せられると「素晴らしい」の声と大きな拍手が送られていました。その他、プール見学では、日本の先生は一生懸命、生徒に水泳を教えるが英国では生徒に自由に泳がせるだけとの文化の違いも判りました。
 校舎の見学が終わると授業参観で、1年生から6年生までの授業風景を見学し、児童と交流を開始しました。各教室に入ると児童からは「背が高い」、「鼻が高い」などの感想がもれたり、握手を求めたり、少々児童は興奮気味でしたが、学生達は音楽室では、児童の歌を聞き拍手を送ったり、書道の授業をしている教室では自分の好きな字を書いたり、美術の授業では6年生の絵に「みなさん上手ですね」と感想をもらしていました。
 その中でも、低学年が実施した「お手玉」、「折り紙」、「駒まわし」、「ブンブンこま」の授業には興味を示し、児童と一緒にお手玉や駒まわしなどの日本の伝統的な遊びに挑戦したり、鶴の折り方を教わったりしていました。その他、児童達が折った折り紙をいっぱいプレゼントされ、ニッコリと「ありがとう」と学生が答える微笑ましい光景も見られました。
 授業参観が終わって先生から感想を求められた学生達はたどたどしい日本語で「とても子どもは可愛かったです」、「今日は面白くて楽しかった」、「小学生は可愛らしいですね」と答えていました。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る