このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

自転車盗難に注意!!

更新日:2017年2月3日

地域の皆さん・区・警察等が一丸となって防犯活動に取り組んでいる結果、区内の犯罪件数は年々減少傾向にあります。
しかし、平成28年の件数は、江戸川区が東京23区中ワースト3位という状況でした。
区内で発生している犯罪の特徴としては、自転車盗が多くの割合を占めています。
自転車盗や万引きは、青少年が悪に手を染める最初の犯罪などとも言われます。
江戸川区を「犯罪を寄せつけないまち」とするためには、皆さん一人ひとりの防犯意識の高まりが大切です。

区内の犯罪件数の約4割が自転車盗!

自転車が盗まれる要因は?

盗難にあった自転車の約6割が鍵をかけていない状態で被害にあっています。
鍵のかかっていない自転車は、真っ先に犯人の標的になります。
駐輪場にある自転車より路上などにある自転車の方が、盗む側の犯罪意識を薄れさせ、自転車盗を誘発させます。
自宅敷地やマンションの駐輪場からの盗難被害も多く報告されています。
どこに自転車を置いても、油断をしないことが大切です。

「軽い気持ち」ではすまされません!

自転車盗」とは、その名のとおり自転車を盗む犯罪です。他人の自転車を盗む行為は刑法第235条の「窃盗罪」にあたります。刑が確定すると10年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。また、路上に放置されている自転車であっても、その場から持ち去れば、刑法第254条の「占有離脱物等横領罪」にあたります。刑が確定すると1年以下の懲役または10万円以下の罰金が科せられます。

防犯対策は・・・

施錠を習慣づける

わずかな時間でも、鍵をかけずに自転車から離れると被害にあうことがあります。
また、自宅やマンションの駐輪場であっても、確実に鍵をかけましょう。

防犯性の高い鍵への取り換え

一般に普及している「差込錠」より解錠されにくい「シリンダー錠」「ディンプル錠」などがありますので、取り換えをお勧めします。

鍵を2つかけることが理想的

通常の施錠に加え、チェーン錠やワイヤー錠などで二重に鍵をかけることで、防犯効果は一層高まります。

路上に放置しない

路上放置は他人の迷惑になるだけではなく、盗難にあう確率を高めます。
外出時は、管理された駐輪場に自転車を止めましょう。

防犯登録を忘れずに

自転車を購入する際は、必ず販売店で防犯登録をしましょう。
万一盗難にあっても、登録をしていると自転車が戻ってくるケースがあります。
※防犯登録は、法律で義務付けられています。

問い合わせ先

このページは環境部 環境推進課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る