このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

飼犬の態度が家族によって違う

更新日:2016年3月24日

飼犬の態度が家族によって違う

回答

 犬は、群れを作って生活するという動物です。家庭で飼われている犬にとって、家庭の仲間が自分の群れとなります。犬は自分が群れの中のどの順位にいるか、常に確認しながら生活しています。自分より上位だと認識している家族には服従し、下位だと認識している家族の言うことには従いません。これは、犬の本能にもとづく行動です(権勢本能)。

対策例

 犬が自分が家族の中で一番下位であると学習させる。食事を与えるのは、家族が全員終わってから与える。散歩で家から出入りするときは、必ず飼い主が先に出入りする。 帰宅したときに犬が最初に出迎えても、家族全員に挨拶をしてから最後に犬に声をかける。
 犬に対する対応は、家族全員が同一の対応をすることが重要です。対応がバラバラでは犬が混乱し、学習効果も上がりません。問題行動の引き金にもなりかねません(権勢症候群)。

問い合わせ先

このページは健康部(江戸川保健所) 生活衛生課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る