このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

お腹をなでると噛む

更新日:2016年3月24日

お腹をなでると噛む

ひっくり返って腹を見せるくせに、お腹をなでると噛む。

回答

 子犬のうちは、母犬が体をなめることで排泄をうながしたり、毛並みを整えたりします。この時、子犬は服従姿勢としてお腹を見せて甘えます。この時期に人が同様にやさしく触るようにすれば、犬が人に触られることに慣れていきます。
 人に触られるのに慣れていないと、触られることに不安をおぼえて噛むことがあります。

対策例

 餌などを使って、少しずつそっとやさしく触れることからはじめて慣らす。口輪を使って、少しずつ触れていくことに慣らす。いずれの場合も根気よく、無理をせず、少しづつ慣らしていき、犬が触られることが気持ちいいことと感じられるように工夫してください。

問い合わせ先

このページは健康部(江戸川保健所) 生活衛生課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る